何度いっても伝わらないのは・・・

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 20:00

幼い子どもには、わかりやすい顔の表情、声の出し方、内容にしましょう。

わかりにくいと伝わりません。

 

子どもは親の本心をしっかりと見抜いています。心のなかで「まぁ、いいかこれぐらい」と思っていると伝わりません。また声を荒立てて怒鳴っても、親が怒っているところだけが伝わって、何で叱られているかがちっとも伝わっていないこともあるのです。

 

何度いっても伝わらないのは? 

 ・声が子どもに届いていないから。(馬耳東風・・・あたまの上を通りすぎているだけ)

 ・言葉だけではわからないから・・・。(くどくどと長い話は聞いていません)

 ・態度や声、表情はOKだから・・・。(言葉はNOなんだけど)

 ・お父さん、お母さんも子どもの話に普段 耳をかたむけていますか?

 

  道を歩きながら、季節の変化を話題にして「葉っぱが赤くなってきたね。きれいだね。」

  そんな何気ないやりとりの中で親子の会話を楽しむひととき。今しかない至福の時です。

 「お父さんきょう会社でこんなうれしいことがあったんだよ。」

 「お母さん子どものころ、〜ことでよくおばあちゃんによくしかられてたんだ」などなど。

  

 

伝わりやすくわかりやすいのは?

 ・そばに行って目を合わせてから短く話す。

 ・いけない!というときは「ダメ!」という表情で、またうれしい時は思いっきり笑顔

  能面のようではわかりにくい。

 

しかり方のポイント→ 本人が反省したところでストップする。

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

旬の花