保育参観

  • 2018.06.17 Sunday
  • 18:00

Collage 2018-06-18 03_35_46.jpg

日曜参観がありたくさんの保護者の皆様がおいでになりました。

最初は礼拝堂で年長さんの元気な歌を聞いていただきました。こどもたちの歌声は心が洗われますね。

チャプレンの河原牧師より「帰ろう、我が家へ」聖書の放蕩息子の譬話から、保護者向けの話がありました。

 

幸せの黄色いハンカチの話からはじまり、河原牧師が描かれたイラストも迫力がありお話にぐいぐいとひきこまれました。

 

許し・・・よく大人は子どもに謝ったら許すといいますが、最初に許しがあってこそ人は変われるのだということを学びました。

すべてを失って父のもとに帰ってきた息子は、「ごめんなさい」と謝った時、「あー自分は本当に許されているのだ」と心から気づいたのです。父親は死んだと思っていた息子が帰ってきたことを喜び、近所の人も招いて盛大なパーティーを開きます。しかし、真面目に家にいた兄はそれがおもしろくありませんでした。

放蕩息子の譬話、実に深いです。

 

お話のあとは各クラスでの参観、親子のふれあい遊びで、体をいっぱい動かして遊びました。

 

ご家族の皆様ありがとうございました。