人は皆 我の師

  • 2017.10.16 Monday
  • 20:00

ビアテイゴルスキーというチェリストがおりました。彼がまだ新人だった頃、演奏会で聴衆の中に、チェロの巨匠カザルスの姿をみつけ、すっかり緊張してあがってしまったそうです。やっとのことで演奏を終えた時、客席からカザルスが盛んに拍手を送っているのをみてびっくりしました。

 後年、ビアテイゴルスキーも立派なチェリストになっていて、ある日カザルスに出会った時、「なぜ自分の新人時代、聴衆になって下さって、明らかに下手と思われる自分の演奏に対して、なぜあんなに盛大な拍手を送って下さったのですか?」と訳を尋ねたそうです。
 するとカザルスはそれに答えて、手許にチェロを持って来て「あなたはあの時、左手でチェロをこうかかえて、右手の弓をこう使って、この曲のあの一節をこう弾きました。その中の一つの音は、私が長い間捜し求めていた音でした。私はとても感動しました。あの音はこう弾けば美しい音になるのだとわかったからです。」

 
カザルスはたった一つの音の出し方を、新人のしどろもどろの演奏から学んだと言ったのでした。カザルスは更に続けて「たといあなたの百の音の出し方が悪くても、そのうちの一つの音の出し方から私が学べば、あなたは私の先生です。私は私にものを教えてくれる師匠に対しては、いつも心からの感謝を込めて、拍手を送るのです」と。

 

 ちょっと耳が肥えてくると評論家のようにあの演奏は、あの音は、などと言う凡人とは何という違いでしょう。人の間違いや足りないところを探しだして指摘することなどには関心がなかったのです。貪欲までによい音を追求する姿勢。そのためには誰からでも謙虚に学ぼうとする姿勢をカザルスは持っていたのだなあと教えられました。

 

カザルス編曲で有名な「鳥の歌」