歌いつがれるアオギリの歌

  • 2017.05.25 Thursday
  • 20:00

平和資料館の公園側出口の付近に「被爆アオギリの木」があり、その隣にアオギリの木二世があります。

今、青々とした葉が茂っています。広島に来てからもう何度訪れたことでしょう。

IMG_20170528_2228_23.jpeg

広島三育幼稚園の卒園生で、当時広島市立千田小学校の生徒だった森光七彩さんが作詞・作曲した「アオギリの歌」は2000年に広島市が公募した広島のうたグランプリに選ばれ、広島の子どもたちの間で歌いつがれているそうです。千田小学校には被爆樹木カイヅカイブキがあり、数年前枯れて倒れたカイヅカイブキをなんとか活用したいという校長先生等の願いから広島在住のパンフルート製作者に依頼があり、カイヅカイブキ製のパンフルートとして何十本も製作されたとのこと。合唱隊の生徒さんによって大切に演奏されています。アオギリの歌も大事なレパートリー曲のひとつだそうです。

私もパンフルートを以前から吹いている関係で、小学生によるパンフルート合奏にとても関心をもっています。この動画は、近くのCLIP HIROSHIMAで行われた卒業演奏の時の模様です。