恵まれた「子ども祝福礼拝」

  • 2017.11.11 Saturday
  • 20:00

11日の礼拝は「子ども祝福礼拝」でした。子どもたちの健やかな成長を願い、祈る時を持ちました。お子様と一緒にご家族で参加してくださった皆様、ありがとうございました。

今日の河原牧師のお話のタイトルが「長崎クリスマス事件」。いったいどんなお話なんでしょう‼

 

それは、河原先生が牧師としてはじめて赴任した、長崎・佐世保教会で今から33年前の12月に起きたある出来事のお話でした。先生はクリスマスになる度にこの出来事を思い出すのだそうです。ハラハラドキドキ、楽しくも示唆に富んだお話でした。いつもながら先生の全身全霊をこめてのお話に引き込まれました。

 

参加出来なかった方のために特別に動画を載せます。お話は30分すぎから始まりますのでコマ送りして是非お聞きください。

 

ひさし先生のお話

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 08:36

KIMG2378.JPG

月曜日は礼拝堂で全園児、心を静かに礼拝の時間を持ちます。

昨日は子どもたちの大好きな河原牧師から「ペテロさんがみた不思議な夢」のお話を聞きました。

神様は世界中の人を愛してくださっている、皮膚の色、目の色、髪の毛が違っていても、神様にとって等しく大切な人たちですというお話でした。

 

 

KIMG2381.JPG

バケツジャー(ひさし先生のお話)

  • 2017.10.09 Monday
  • 20:00

幼稚園チャプレンの河原久先生が以前横浜三育小学校で児童にお話された時の動画です。

「バケツジャー」是非お聞きください。

 

 

総理大臣になったヨセフ

  • 2017.06.19 Monday
  • 20:00

170620072429.jpg

 

月曜日の礼拝の時間、チャペルで河原牧師のお話をききました。

エジプトに行ったヨセフの話がまだまだ続いています。無実の罪で牢獄につながれてしまったヨセフでしたが、ある晩王様の見た不思議な夢を解き明かしました。その夢の意味は、エジプトに7年の豊作、それに続く7年の飢饉がおきるというのです。王様はヨセフにやがてくる状況に備えるために、ヨセフを総理大臣に命じるのです。奴隷としてエジプトに売られてきた少年が、総理大臣になると誰が想像したでしょう。ヨセフの話は、まだまだ続きます。

 

今日も暑い一日でした礼拝の後今日は年長組、年少組、マナ組のお友だちがプールで遊びました。

 

 

 

 

 

 

チャペルで

  • 2017.05.30 Tuesday
  • 20:00

img1496232362920.jpg

月曜日が振休だったので火曜日にチャペルの時間がありました。

ありがとう イエスさま いつもそばにいてくれて🎵

年長さんが特別賛美歌で歌った歌を みんなで歌いました。皆で歌える歌がふえていくといいですね。

聖書のお話をはヨセフさんでした。

園庭のあじさいが咲きだしました。

ひさし先生お話〜ダニエルとライオン

  • 2017.05.22 Monday
  • 20:00

Collage 2017-05-23 05_28_37.jpg

今日の合同礼拝は幼稚園チャプレンの河原久先生のお話でした。ダニエルといえばこの話というぐらい聖書の中では有名なライオンの穴にいれられたダニエルさんの話でした。

 

他国(ペルシャ)の王様に信頼されていたダニエルは大臣となって王様に仕えていました。しかし、それをみてねたんだ他の家来たちは、ダニエルの悪いことを見つけて、王様に言いつけてやろうと考え、ダニエルを見張りはじめました。

 

しかし、正しい生活をしているダニエルの生活から悪いことを見つけることはできませんでした。ただダニエルは彼の信じる神様に毎日祈っていました。

 

それを見た悪い家来たちは、「そうだ!これを利用しよう!」と考え、王様に進言します。「王様、これから王様以外の方を拝み、祈りをささげる人はライオンの穴に入れてしまうというおふれを国中にだしましょう。」それがダニエルを陥れるワナだとは知らない王様はその提案を受け入れてしまいます。

 

さっそく悪い家来たちはダニエルを捕らえてきました。「王様、王様が信頼しているダニエルは、あなた以外の紙に祈っています。」王様は「しまった❗」と思いとても後悔しますがもう手遅れです。一旦王様が許可したものは王様でさえもそう簡単に覆すことはできなかったのです。

 この命令を聞いて、ダニエルは恐れをなし、神様にお祈りすることをやめたでしょうか?隠れてしまったでしょうか。いいえ、ダニエルはいつもとかわりなく窓をあけてお祈りすることをやめませんでした。家来たちはさっそくダニエルを捕まえてライオンのいる穴に投げ入れてしまいました。

 

ダニエルはどうなったでしょうか。王様はダニエルのことが心配で気が気ではありません。夜も眠れません。

 

そこで王様は朝早く起きると、ライオンの穴にやってきて叫びます。「ダニエル、ダニエル!生きているか?あなたの信じる神様はあなたをライオンから守ってくださったか?」

 

すると穴の中からダニエルの元気な声が聞こえてきました。「王様、私はここにいます。心配しないでください。神様は天使を使わして私をライオンから守ってくださいました。」人にはみえませんでしたが、ライオンたちには天使がダニエルを守っている姿がみえたのでおとなしくしていたのでした。

 

どきどき、はらはらして聞いていたお友だちも「あ〜よかった」と安心した顔になりました。

 

海外の美術館や教会に行くと聖書を題材とした宗教画がたくさんかかっています。聖書のお話を知っていると、あ〜この場面かとても興味深くみることができます。今日のお話も、いろいろな画家たちが描いています。

 

Daniel’s Answer to the King

Briton Rivière, Daniel’s Answer to the King. 1890. Oil on canvas,  Manchester City Art Gallery, Manchester

 

 

 

 

ひさし先生のお話〜ひとりぼっちをこわがるな

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 20:00

 

 

チャプレンの河原久先生のお話の中でも小学生、中学生になった卒園生たちに是非聞いてほしいなと思うおすすめの動画です。

 

学校生活でいろいろなことに出会うとき、このお話を思い出してほしいのです。

 

昨年もアップしましたが、再度ご紹介します。連休に入りました。ぜひお聴きください。尚、動画の中で出てくるイラストは河原牧師の描かれたものです。

 

KIMG0897.JPG

ひさし先生のお話〜電車の中で

  • 2017.04.20 Thursday
  • 20:00

広島三育学院チャプレン河原久牧師のお話はとてもわかりやすくユーモアがあり、示唆に富んでいます。

(ひさし先生手書きのすばらしいイラストもたくさん登場)

 

園児たちは5月から毎週月曜日にチャペルで

先生のお話をききます。昨年も子供たちはこの時間をとっても楽しみにしていました。

 

この動画は以前横浜三育小学校の祈祷週で小学生向けにお話された時のものです。  

広島三育学院小学校でも春に祈祷週があり、一週間、毎朝河原牧師のお話をきくことが予定されていています。

桜のはなし〜秒速30センチ

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 06:00

日本列島、桜の開花宣言が聞かれる時期になりました。

今日は広島教会牧師で幼稚園チャプレンでもある河原先生の桜に関する興味深いお話をお届けしましょう。子育てにも示唆を与えてくれるメッセージです。ぜひお聞きください。

 

 

 

みんなで礼拝

  • 2017.03.14 Tuesday
  • 20:00

170314085307.jpg

今年度 最後の合同の礼拝。年長組さんが卒園したので今日の幼稚園はちょっと寂しかったです。

ダビデ、ヨセフ、エステル、マリア、マナのお友達で礼拝を守りました。各クラスの好きな讃美歌をリクエストしてもらってみんなで歌い、暗唱聖句を言ってからお待ちかね、ひさし先生のお話を聞きました。

今日はイエスさまのことが大好きだったにもかかわらず、イエスさまのことを三度知らないと言ってしまったぺテロのお話でした。

 

先生、いつもとてもわかりやすく聖書のお話をしてくださってどうもありがとうございます。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

旬の花

時刻


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM