遊びにおいでよ!幼稚園(未就園児親子)

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 20:00

 

img1500992914905.jpg

今日は未就園児親子対象の「遊びにおいでよ!幼稚園」が開かれたくさんのお友達が遊びにきました。朝から蒸し暑く、大きなプール、小さなプールで水遊び!「気持ちいい〜」シャボン玉や水ヨーヨーなども楽しみました。

お部屋に入ってからは手遊びやエプロンシアター「どろんこねこちゃん」を観たりして楽しいひとときを過ごしました。また遊びにきてくださいね。午前中は天候も支えられて無事に行うことができて感謝しました。また8月もあります。またお会いしましょう。

 

広島教会 子どもフェスティバル2日目

  • 2017.07.23 Sunday
  • 21:00

img1500808207729.jpg

今日は台所にいたので写真が少ないですが、子供たちは工作をしたり、賛美やゲーム、作ったブーメラン投げなどをして楽しんだようです。また河原牧師が[ダニエルの勇気]について話されました。

 お昼のカレーライスのジャガイモは教会の方がこの日のために作って寄付して下さったものです。玉ねぎをたっぷり炒め、ニンニク、トマトバナナ、ヨーグルトもちょっと入っていてなかなか美味しくできました。

 今日も猛暑でしたが、午後からはポップコーンとかき氷まで出て子供たちは大喜びでした。また来年お友達を誘ってきてくださいね。待っています。

広島教会 子どもフェスティバル 1日目

  • 2017.07.22 Saturday
  • 20:00

夏休みにはいり、教会のこどもフェスティバルが今日と明日あり、55名の小学生が参加しています。懐かしいお友達、新しいお友達みんなで聖書のお話を聞いたり、讃美歌を歌ったり、工作などよい時間が持てますように。

 

今日は礼拝で河原先生からダビデとゴリアテのお話を聞きました。巨大なゴリアテが登場してみんな興味津々でした。

 

img1500712749906.jpgimg1500713409220.jpg

聖書にでてくる大変有名なお話。少年ダビデとペリシテ軍の巨人ゴリアテとのお話です。

河原牧師が描いた身の丈3メートルはする大男ゴリアテの絵がスルスルスルっと登場すると子供たちの目が釘付けになりました。

 

img1500720180033.jpg

デスモンド ドスさんの話 その

  • 2017.06.02 Friday
  • 22:00

 今日はひとりの人物をご紹介しましょう。彼の名前はデスモンド・ドス。彼は87才ですでに亡くなられていますが、米国の三育の母体であるセブンスデー・アドベンチスト教会(プロテスタント)のクリスチャンでした。

 

 私は子どもの頃、父がデスモンド・ドスという衛生兵の話をしてくれたのを思い出します。近々デスモンド・ドスさんについての映画が公開されるので予告などでご覧になった方もおられるかもしれません。

 

青年ドスは第二次世界大戦が勃発したときに、衛生兵として国のためにつくしたいと志願します。しかし、彼は軍隊で武器を持つことを拒否しました。聖書の十戒に書かれている『汝殺してはならない』が幼いころから深く心に刻み込まれていたからです。

 彼は衛生兵として武器は持たないが、仲間の命を守ることで、国のために貢献したいと思ったのです。しかし、彼の信条は周囲からはなかなか理解されませんでした。彼は同じ部隊の兵士たちからひどいいやがらせやいじめを受けたり、軍から追い出そうとされたりしました。

 

 しかしながら彼の部隊が派遣されたグアム島、レイテ島などの激しい闘いの中で、ドスは武器を持たずして果敢に多くの仲間の命を次々と救助していきます。時には敵である日本兵の命まで助けたのでした。それは捕虜となった日本兵がアメリカ製の包帯をつけていたことから彼が日本兵をも助けていたことがわかったのです。

 

 戦いの中で最初ドスのことを臆病者と罵倒し、軍隊からおいだそうとした上官や、自分をいじめた仲間をも彼は助けていくのです。

 次第に仲間の彼をみる目が変わっていきます。彼を不適格者として最初バカにしていた兵士たちが、「彼は戦場の砲火の中で、誰も置き去りにしない」「彼はどんな時も自分たちを決して見捨てないで必ず救出しに来てくれる、だから彼の近くにできるだけいたい」「どうか自分達のために祈ってほしい」と信頼と尊敬の念を持って見るようになったのです。ドスは戦いの最中にあっても妻が渡してくれた小さな聖書をいつも読んでいる祈りの人でした。

 

 そして彼の属する連隊は沖縄の地へ派遣されます。のこぎりで切ったように切り立った絶壁(ハクソーリッジと呼ばれている)前田高地での日本と米国の闘いは熾烈でした。

 

あまりにも激しい戦いで、ドスたちの部隊に退去命令がでました。しかし、ドスはただひとり残って傷ついて倒れている兵隊を「ひとり、またひとり」と助けていくのです。彼は一日に75名の人たちをロープを使って高い崖から降ろして救出したのです。「いったい誰がこんなに助けたのだ!」と驚かれます。

 

その功績が称えられ彼は「良心的兵役拒否者conscientious objector」としてははじめて、大統領から米軍最高位の勲章:名誉勲章( Medal of Honor )、ブロンズスターメダル(Bronze Star Medal)を2回、パープルハート章 ( Purple Heart )を3回、受勲しています。しかし彼自身は謙遜な人で、自分が英雄扱いされることを好まず、後遺症と闘いながらも静かに生涯を送りました。

 

 実はこのデスモンド・ドスの実話が昨年メル・ギブソン監督ではじめて映画化され、アカデミー賞6部門でノミネート、2部門で受賞しました。日本での公開は今年6月24日で、広島市内でも上映されます。

 

映画のタイトルは「ハクソーリッジ」です。数年前にこの話が映画化されるということをニュースで知ったときに、沖縄での日米の熾烈な戦いを描いているので日本では公開されないのではないかと思っていました。

 

 先日ある方にこの映画のDVDをひとあし早く、見せてもらいました。戦争映画ですから、ハクソーリッジ(沖縄の前田高地)での戦闘シーンはとてもリアルです。ですから小さいお子様、小・中学生に推奨するものではありませんが、この映画を通してデスモンド・ドスの強さの秘密はいったい何であったのか、殆ど知られていないドスさんの生き方のついて日本の多くの方に知っていただく機会となればいいなと思います。またこのような闘いが沖縄であったことを忘れてはならないと思いました。

 

●映画ハクソーリッジについては→こちら

 

 

●沖縄 浦添市HP → こちら

 

●デスモンドさんについて紹介している動画です。↓

 

 

 

カラスの巣作り

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 20:00

KIMG1132.JPG

 

 

からすが2号線街路樹に大きな巣を作り、雛がかえったようです。小学校の先生が写真を撮ってきてくれました。ずいぶんたくさんの針金ハンガーが使われていますね‼よく集めたなとびっくりです。

 

子どもを守りたいという親心は人もカラスも同じでこの時期、カラスが神経質になります。調べてみるとその時期は、数週間でおわるそうですが、陸橋を歩いていて背後からカラスが飛んできてカラスの足が頭をかすめたりすることがあるので気をつけてください。

 

もし子育て中のカラスがいる場合は、近づかずに遠くから見守るようにし、巣の近くを通る時は次のことを注意してくださいとのことです。

  • 帽子、傘、かばんなどで頭部を守る。
  • 巣をじっと見ずに、速やかに立ち去る。
  • 石を投げたり、棒や腕を振り回したりしない。

広島三育学院小学校入学式

  • 2017.04.09 Sunday
  • 20:00

170410055740.jpg

満開の桜の下、今日は同じキャンパスにある広島三育学院小学校の入学式がありました。可愛らしい一年生。神様のお守りのうちに、素晴らしい小学校生活を送られますようにお祈りしています。

 

 

 

道路の隅に咲いたすみれの花

  • 2017.04.04 Tuesday
  • 21:22

 170405043709.jpg

園内も色とりどりのかわいらしいお花が咲きだしました。

 

いつもお花や自然界の感動を教えてくれる○先生。幼稚園の前の歩道橋の下のアスファルトの上に、わずかな土に根をはって、白いスミレの花が咲いていると教えてくれました。

 

スミレがけなげに風に揺れて咲いていました。 

 

 

「人見るがよし、人見ざるもよし、我は咲くなり」の言葉を思い出しました。

 

KIMG0703.JPG

ちゅうりっぷ

  • 2017.04.03 Monday
  • 20:00

170404025901.jpg

各地で花の便りが聞かれる季節です。園庭のちゅうりっぷやパンジーが綺麗に咲きだしましたね。

 

バルーンアートで作ったちゅうりっぷを見かけました。

 

 

KIMG0551.JPG

↑ この写真は横浜スタジアム近くで昨年撮ったものです。

 

「心」 河野 進

いくたび歩いてもなつかしければ心の道
いくたび眺めてもなつかしければ心の花
いくたび訪ねてもなつかしければ心の家
いくたび読んでもなつかしければ心の本
いくたび呼んでもなつかしければ心の母
いくたび登ってもなつかしければ心の山
いくたび歌ってもなつかしければ心の歌
いくたび称えてもなつかしければ心の祈
天の父さま 感謝いたします

 

 

 

音楽礼拝 

  • 2017.04.01 Saturday
  • 20:00

170401094521.jpg

今日は教会で河原牧師のメッセージと聖歌隊(クワイアー)によるすばらしい音楽礼拝がありました。今日の聖歌隊はお揃いのブルーのクワイヤーローブを着ています。

指揮は広島のエリザベト音大の修士課程に留学していた方で、この春無事学びを終え、広島を去られることになったのです。

《プログラム》

1 Majesty(神の子羊)

2 一羽のすずめ

3 Savior Like a Shepherd (フルート)

4 主われを愛す

5 花はほほえみ

6 メッセージ

  My Saviors Love (フルート)

7 Above All

8 Coming Home

 

広島教会では聖歌隊を結成し熱心にリードしてくださいました。留学生活は言葉も違い勉強だけでも大変だと思うのですが、礼拝に出席し、自分の時間をさいて聖歌隊のためにご奉仕くださいました。

 

「広島教会の皆さん、今日は泣くまいと思っていましたが泣いてしまいました。私をあたたかく受け入れてくれて本当にありがとうございました。またいつか私が広島教会を訪れた時、聖歌隊が続けられ、さらに活発に活動していることを心から祈っています」とのメッセージを語られました。

 

お昼は送別会そして、新しく広島に赴任してこられた先生がたの歓迎会もありました。今日から4月。春は別れがあり、新たな出会いがありますが、それぞれの新しい一歩が神様に祝福されますようにお祈りいたします。

 

 

 

 

春を告げる水仙の花

  • 2017.03.26 Sunday
  • 15:05

170325060053.jpg

 

水仙がきれいに咲く季節となりました。黄色の花、春の喜びに満ちあふれている感じがしますね。

 

さて美しい水仙ですが、葉がニラとよく似ているため間違って食べて中毒などというニュースをたまに聞きます。

球根も食べてはいけません。玉ねぎと間違えてうっかり食べないように、子どもに話してあげましょう。ちゅうりっぷの球根やヒヤシンスの球根も然りです。見て楽しみましょう。

 

(水仙とニラの葉の見分け方)

水仙の葉はニラ特有の匂いがしません。葉もニラより幅があり、肉厚、丈も高い。水仙は球根があるがニラはひげ状の根で球根はありません。葉を切ってみると断面はニラは楕円形。水仙はダイヤのようにもっと鋭角です。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

旬の花

時刻