ある女の子の作文より

  • 2018.12.10 Monday
  • 18:51

20181210_1510924.jpg

 

子どもを叱る前に読む本 やる気のある子、ひとりでできる子の育て方」


著者の平井信義さんは小児科のお医者さんで多くの子育ての本を書かれています。

 

その本の中に『自分及び子供の失敗を笑い飛ばす事ができる愚かな母親になる事を勧める』という一節があり、小学生の作文コンクールで、ある5年生の女の子がみんなの前で読んだ「私のお母さん」という作文が紹介されています。(平井先生はこのお話をNHKラジオ放送でご一緒した相川浩アナウンサーから聞いたそうです。) 

※相川アナウンサーは山間部の小学校へ取材に行ったとき児童の「私のお母さん」という課題作文発表を聞くことになりました。1年から6年までの子供の自作朗読です。それがどれもこれも大人の手が入っているような優等生作文で、退屈し、眠気を我慢していたところ、相川さんが思わず椅子から転げ落ちそうになる出来事が!それは、五年生のある女の子が自作の題名「私の母ちゃん、バカ母ちゃん」を声も高らかに読み上げたからです。

 

「私のカアちゃん、バカ母ちゃん」(会場 爆笑)


私のカアちゃんはバカです。(また爆笑)
野菜の煮物をしながら、洗濯物を干しに庭に出たら、煮物が吹きこぼれ、父ちゃんから「オイ、バカ。煮物が溢れてるぞ!」と言われて、慌てて、洗濯物を竿ごと放り出して台所へ駆けこみました。洗濯物は泥だらけです。(爆笑)


「バカだなあ」と言われて、「ごめんね、父ちゃん、カンベンね」とおどける母ちゃんです。


しかし、母ちゃんを叱るその父ちゃんも実はバカ父ちゃんです。(大爆笑)
ある朝、慌てて飛び起きて来て、「御飯はいらん」と洋服に着替え、カバンを抱えて玄関から走り去りました。すると母ちゃんが、「バカだね。父ちゃん。きょうは日曜日なのにね。また寝ぼけちゃってまあ!」(爆笑)


そういうバカ母ちゃんとバカ父ちゃんの間に生まれた私が、利口なはずはありません。(大爆笑)弟もバカです。(笑い)家中みんなバカです。(爆笑)


しかし・・・(場内シーン)私は大きくなったら、私のバカ母ちゃんのような女性になって、私のバカ父ちゃんのような人と結婚し、私と弟のようなバカ姉弟を産んで、家中みんなでアハハアハハと明るく笑って暮らしたいと思います。

 

私の大好きなバカ母ちゃん!!その時まで元気でいてくださいね。(一同 涙、涙・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

バカと言うのは教育の立場では意見もあることでしょうが、この娘さんはお母さんやお父さんが大好きで体裁をつくろったりせず正直で素直に語っているところ、お母さんみたいになりたい、こんな楽しい家庭を築きたいと言っていることに感動を覚えます。

失敗をも笑いに変える明るい家族、ユーモアがあふれる温かい家族であることがこの作文から伝わってきます。

 

 

 

今日は、○○記念日!

  • 2018.11.26 Monday
  • 20:00

教育評論家の親野智可等さんの本にこんな素敵な話が紹介されていました。

 

親野さんが小学校の教師をしていたとき・・・

ある女の子が「今日は納豆記念日なの」といったそうです。よく数字の読みとかけて〜●●記念日ってありますよね。

11月22日(いい夫婦の日)とか。それでなのかと思って聞いてみたら「ううん。4月10日は私が納豆が食べられるようになった日だから納豆記念日」と言ったそうです。お母さんがそうネーミングしてカレンダーに書きこんだとか。

 

他にもお兄ちゃんがトイレに落書きをしたとき。お父さんは弟が落書きしたのだろうと思いこみ、弟を叱りはじめました。お兄ちゃんは叱られている弟をみて自責の念にかられて、「ぼくが書いたんだ・・・」と告白しました。

お父さんはお兄ちゃんが自分から本当のことを言ったことを喜び、「今日は●●の正直記念日だ!」と言ったとか。

 

探してみれば日常の中に、●●記念日いっぱいありそうですね。

 

 

 

影響を受けやすい子どもの脳

  • 2018.11.22 Thursday
  • 18:00

このブログや「土曜の集い」でも昨年何度かご紹介していた友田明美先生(小児科医)が先日「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」で取り上げられました。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

友田先生はチャイルド・マルトリートメントという言葉を使っています。日本語では「不適切な養育」と訳されます。

虐待というと暴言や暴力、ネグレクトなどをすぐにイメージしますが、暴力はふるわなくても、子どもの前で始終親が激しく口論をしたり、子育てに真剣になるあまりにしてしまう度の過ぎた行為なども含まれるといいます。

 

過度になると、子どもの心身が傷つき、脳が変形してトラウマを引き起こしたり、親との信頼関係が結べない「愛着障害」となり子どもの成長に影響を及ぼす可能性があるといいます。

 

回復の手だては?

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/264452.html

 

 

大切な7つの力

  • 2018.11.05 Monday
  • 20:00

20181107_1484112.jpg

子育てをするとき、右側の「信じるべき7つの力」を用いることができるように努めましょう。

 

何度いっても伝わらないのは・・・

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 20:00

幼い子どもには、わかりやすい顔の表情、声の出し方、内容にしましょう。

わかりにくいと伝わりません。

 

子どもは親の本心をしっかりと見抜いています。心のなかで「まぁ、いいかこれぐらい」と思っていると伝わりません。また声を荒立てて怒鳴っても、親が怒っているところだけが伝わって、何で叱られているかがちっとも伝わっていないこともあるのです。

 

何度いっても伝わらないのは? 

 ・声が子どもに届いていないから。(馬耳東風・・・あたまの上を通りすぎているだけ)

 ・言葉だけではわからないから・・・。(くどくどと長い話は聞いていません)

 ・態度や声、表情はOKだから・・・。(言葉はNOなんだけど)

 ・お父さん、お母さんも子どもの話に普段 耳をかたむけていますか?

 

  道を歩きながら、季節の変化を話題にして「葉っぱが赤くなってきたね。きれいだね。」

  そんな何気ないやりとりの中で親子の会話を楽しむひととき。今しかない至福の時です。

 「お父さんきょう会社でこんなうれしいことがあったんだよ。」

 「お母さん子どものころ、〜ことでよくおばあちゃんによくしかられてたんだ」などなど。

  

 

伝わりやすくわかりやすいのは?

 ・そばに行って目を合わせてから短く話す。

 ・いけない!というときは「ダメ!」という表情で、またうれしい時は思いっきり笑顔

  能面のようではわかりにくい。

 

しかり方のポイント→ 本人が反省したところでストップする。

 

 

 

 

 

まずは一歩

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 20:00

「いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、わかるかな?つぎの一歩のことだけ、つぎのひと呼吸のことだけ、つぎのひとはきのことだけを考えるんだ。いつもただつぎのことだけをな。」

「モモ」ミヒャエル・エンデ作 岩波書店

 

 これは「モモ」という物語にでてくるモモの親友の道路そうじのベッポおじいさんがモモに語ったことばです。

気の遠くなるような長い道の清掃をたのまれるとき、先のことばかり見ていると焦ってなかなか終わらず、心配でたまらず働きまくり、結果息が切れて動けなくなってしまいます。しかし、次の一歩のことだけを考えると何となく楽しくなってきて、結果的に仕事がはかどると。

 そうですね。目標をたてたり、先の見通しをたてることは大事ですが、先々のことを考えて心を騒がせ、心の余裕を失っていては本末転倒ですね。

 

 

 

 

子育てをされているすべての方へ

  • 2018.10.12 Friday
  • 20:00

子育てをやり直せるなら」

   ダイアン・ルーマンズ 

 

もし 子育てをやり直せるなら、

家よりもまず、子どもの自尊心を築きあげます。

 

間違いを直そうとばかりしないで、

子どもともっと心を通わせます。 

 

時間ばかり気にしないで、

子どもの成長を見つめます。

 

知識ばかり詰め込もうとしないで、

心を思いやりでいっぱいにします。 

 

もっとハイキングに行って、

広い野原で、子どもと一緒にたこ上げをします。

 

深刻ぶるのはやめて、子どもと夢中になって遊びます。

意地を張らないで、子どもをもっと抱きしめます。

 

目先のことだけにとらわれないで、

もっと長い目で子どもを育てるようにします。 

 

うるさいことばかり言わないで、

もっと子どもをほめてあげます。

 

そして、成功や権力を追い求めるのではなく、愛の力のすばらしさを子どもに伝えます。

 

今、現在 子育てをされているすべての方に捧げます

人間の言葉

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 20:00

  昨今SNSなどを通して世界中の人と瞬時に情報をやりとりすることができるようになってきました。とても便利ですし、人と人とがつながりコミュニケーションが広がることもたくさんあります。しかしそこで語られている言葉はどういう種類の言葉が多いのでしょうか。

 

 教育者の安積力也さんは「今とびかっている言葉は圧倒的に情報伝達の言葉である」と言っています。そういわれてみれば確かに情報伝達が多いです。それに対して「自分の内面を深くみつめるような言葉はあまり語られていない」というのです。いそげ、いそげ、またいそげの日常の中で、自分としっかりと向き合う時間を持たずに生きているとそのような自分の内面を深くみつめるような言葉がでてくることは難しいでしょう。

 

 たくさんの絵本を出版している福音館書店の松居直さんは次のように言っています。

 

「私達の周りには言葉があふれている。私たち自身が言葉の集まりであり、世界は言葉でできている。しかし、現在の日本において家庭の中にどれだけ豊かな言葉のやり取りが行われているかはなはだ疑問である。日本語が貧しくなっていると感じている。氾濫しているのは機械語であるテレビからの言葉だ。機械語は心に残らないし、画面もまた一方的に見せられているだけ。それでは心は育たない。

 

 自然の音や人間の声にこそ耳を傾けることが大切だ。幼い子ども達には、人間の言葉をたっぷりと語りかけていって欲しい。教えようとしなくていい。教え込むのではなく育てること。子どもを育てながら大人も育っていくこと。たくさんの言葉を注ぎ、言葉をたくさん蓄えて欲しい。言葉は文化を支える根底であり、人間の精神を作り生きる力となる。言葉が貧しくなっていくことに危惧を感じずにはおられない。

 

 夏休みももうすぐ終わりますが、どうぞ絵本をお父さん、お母さんの肉声で毎日読み聞かせることを続けていただけたらと思います。

 

 

小学生との交流会 他

  • 2018.06.01 Friday
  • 20:10

正常な親子関係?

http://www.radionikkei.jp/podcasting/hikari/2017/05/player-201755.html

 

ラジオ日経では「光とともに」という5分弱ほどの番組が毎朝放送されています。三育の母体である教会が放送していますが三育学院教育局の尾上史郎先生も毎月、教育のお話を担当されています。昨年5月5日こどもの日の放送をご紹介します。ぜひお聞きください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Collage 2018-06-02 04_50_57.jpg

今日は体育館で年長組は広島三育小学校の2年生と交流しました。

小学生のお兄さん、お姉さんも一緒に歌えるさんびか「ぼくたちは主のたから」「ぼくの心の中が」を歌いました。

体育館なので響きがすばらしく、大合唱となりました。

フラフープくぐりや新聞紙を使った風船運びなどのゲームを一緒に楽しみました。

最後にプレゼントの手作りメダルをいただきました。

 

Collage 2018-06-02 09_20_20.jpg

 

 

 

 

 

指摘しっぱなしではなく

  • 2018.04.15 Sunday
  • 20:00

 大人は子どもたちに様々なことを指摘したり注意することがあります。それはこうなって欲しいなぁと願うからです。

 

 でも本当に「こうなってほしいなぁ」と意識しているなら、子どもが「良いとき」にもすぐ気がつくはずです。

 

 ところが実際は・・・。感情にまかせ「悪いとき」だけに反応する人が多いのです。悪いところは誰にでもすぐわかるからなのです。

 

 子どもが良いときに気づけるか、さらには「ぜんぜんできていなかったことが普通になったとき」に気づいて認めてあげられるかが大切だと思います。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

旬の花

時刻


selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM