みんなを特別扱いにした先生

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 17:00

教育者小宮路敏先生の勉強会に参加していたとき次のような心に残る話をお聞きしましたのでご紹介します。

 

「ひとりだけでなく、みんなを特別扱いにした担任の先生」・・・今村洋子著「子どもの心と向き合う」より


「小学校三年生になって担任の先生が替わったとき、それまで「駄目人間」のレッテルを貼られていた自分を、新しい担任は特別扱いして盛り立ててくれたという経験を語りながら、その少年はは、“あ、特別扱いといっても自分だけじゃないんです。みんなが特別扱いだったんです”とつけ加えた。“みんなが特別扱いねえ”と相づちにも思わず力が入ってしまったが、小学校に入ったばかりの子どもに“駄目人間”のレッテルを貼る教師と、全ての生徒をひとりひとりとして認め、育てようとする教師と、そのあまりに対照的な教師像に息を呑む思いだった。

みんなを特別扱い出来る先生なんて、すごいと思う。そして、それを感じ取れる子どもの心の鋭さや広さもすごいと思う。自分だけが特別扱いされたい、自分だけが特別の存在でありたいという思いは、子どもだけでなく大人にもつきまとっている欲求といえるのではないだろうか。

 さて、“みんなが特別”というのはどんな世界だろうか。ちょっと大げさかも知れないが、私の中では、それは神の国のイメージと重なる。神さまによってひとりひとりがひとりひとりとして認められる、そして高ぶる者も自らをおとしめる者もなく、お互い同士がひとりひとりとして認め合い、大切に出来る、お互いを害することは決してない、人がそんなふうに存在出来るところ、天国はそんなところではないだろうかと私は思うのである。そして、私たちひとりひとりが子どもたちと一緒に、この地上に神の国を実現するために力を出し合えたらと願わされるのである」

『一人』(河野 進)
あの人は 信仰の人です、 

あの人は 祈りの人です、
あの人は謙遜な人です、

あの人は 親切な人です、
あの人は 微笑みの人です、 

あの人は貧しい人です、
あの人は 施しの人です、

天の父さま 

この中の一人にでもして下さい。

 

 

ヘチマの花

  • 2019.08.19 Monday
  • 13:00

ぐんぐん上にむかって伸びています。

 

最初ニガウリの花と書きましたが間違いでした。ヘチマです。

ニガウリ(ゴーヤ)は下の写真。

葉の形が違います。

20190824_1686728.jpg

 

 

シュモーおじさん 日英併記版

  • 2019.08.17 Saturday
  • 19:30

 

 20190817_1683169.jpg

 このブログでも度々ご紹介しているフロイド・シュモーさんは、1945年8月の広島、長崎への原子爆弾投下に心を痛め、住宅を失った人々のために仲間たちと「ヒロシマの家」を21戸建設しました。

 現在江波に一軒だけ残っていた建物が、シュモーハウスとして保存され、広島平和記念資料館付属展示施設となっています。私はシュモーさんの精神に大変感銘を受け、時々ご紹介しています。

 

2016年に「シュモーおじさん」という本がシュモーに学ぶ会より自費出版されましたが、あっという間に在庫がなくなってしまい、この度、日英併記版で再発行されました。日本語版は市内図書館にもあります。ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

シュモーさんは90代のとき、シアトルに小さなピースパークを作り、そこに佐々木禎子さんの、サダコ像を作りました。その足元にはこう記されているようです。

「私は子どもたちにこう伝えます。鶴を折ることでは、核戦争を止めることはできないが、鶴を折ることで友達ができる。そして友達同士なら決して戦争はしない。」

 

※この絵本は広島平和記念資料館一階ミュージアムショップで買うことができます。また下記のシュモーに学ぶ会の西村さんにご連絡くだされば送りますとのことです。

(一般書店にはありません)

 

シュモーおじさん  

MR. SCHMOE CAME TO HIROSHIMA

発行日 2019年8月4日 第1刷発行

発行者 シュモーに学ぶ会  

代表 西村宏子

E-mail: figjam.fs@gmail.com

Phone/Fax: 082-295-3331

 

この夏休み、横浜からかつての教え子たち3組親子が広島に遊びにきてくれました。

シュモーハウスにお連れし、西村さんに素晴らしい解説をしていただきました。小学生たちの心にも何か残ってくるたらいいな。

Chris先生ありがとうございました。

  • 2019.08.16 Friday
  • 12:00

 英語学校Chris先生が任期を終えられ、母国ガイアナに帰られました。クリス先生の英語の時間を子どもたちは大変楽しみにしていました。先生の情熱ある教えを感謝します。どうぞこれからもお元気でいてください。

 先生はパンフルートクラブのメンバーでした。音だしから頑張り、簡単な讃美歌を演奏できるまでになりました。これからも練習して母国の教会の人たちにも聞かせますと約束してくださいました。

 8月末新しい先生もこられますので、またご紹介いたします。

 

 

使命感と生きがい

  • 2019.08.12 Monday
  • 17:00

 以前教会で老人ホームの施設長をしておられる方のお話を聞いたことがあります。

 米国でアルツハイマー研究のために今もなお続けられている「ナン スタディ」についての話が紹介されていました。ナンとは尼さん。シスターのことです。食事や環境はほぼ同じ、ある修道院のシスターさんたちの脳を長年にわたり調査、研究が行われました。もちろんこの修道院の方には研究の了解を得て。

 修道院ですから皆同じものを食べ、生活環境もほぼ同じところです。そのなかにミスAと呼ばれるシスターがいました。この方は新しく入ってくる方の教育係として「○○さん、ここでは〜ですよ」と、細かく指導する役割を長年担っていたそうです。

この方が高齢になり亡くなられました。その方の脳を調べて学者たちがびっくりしたことがあります。この方の年齢なら脳はシミがいっぱいで普通ならアルツハイマーの症状がとっくに出ているはずの状態だったのです。ところが、この方にはその症状がでていなかった。

 人間の身体、脳は不思議に満ちています。脳のある部分が衰えていても別な部分がおぎないます。そして「私は人に必要とされている。私にはこの役割がある!」という責任と使命感、生きがいが影響を与えているのでは?とのお話でした
 
 脳細胞は毎日ものすごい数で減っている。昨日の私と今日の私は違います。人間はどんなに健康を誇っている人も、肉体的には日々おとろえていきます。

 

 しかし外側は衰えていったとしても「内なる人が日々新たにされる」ということが大事なのだなと教えらえました。

アニメ ヒバクシャからの手紙

  • 2019.08.11 Sunday
  • 15:00

NHK広島が制作しているアニメ ヒバクシャからの手紙。

ことしも新しい作品がいくつか加わりました。幼稚園でもお馴染み、ドレミファ大王こと森光明先生が音楽を担当しておられるお話もあります。

 

今日ここでご紹介した作品は、幼稚園のこどもにもわかりやすいと思います。アオギリの木のように原爆で焼け焦げた柳の木から芽がでてくる話です。

 

 

夏休み中に

  • 2019.08.09 Friday
  • 14:00

20190810_1679394.jpg

夏休み中、園校舎西側の外壁塗装が行われています。今日は大きなクレーン車がきて作業していました。二学期には綺麗になってお目見えする予定です。

 

子どもが溺れるときは

  • 2019.08.08 Thursday
  • 12:00

佐久市の医師会が次のような啓発ポスターを作りました。

子どもが溺れるときは静かです!

入浴中の溺水が非常に多いのです。不慮の事故のなかで二番目に多いのが溺水だそうです。

ギャーと騒ぐ、大きな声がする、あばれるのは映画の世界だけ!

 

水遊び、入浴中はくれぐれも気をつけましょう。

小坂哲也 フルート チャリティーコンサート

  • 2019.08.08 Thursday
  • 10:04

 

2019年9月8日 (日) 夜6時開演

場所 SDA広島キリスト教会

校庭に駐車可  

入場料 2000円

 

東日本大震災の後、10年間は続けるという決意のもと始められたコンサート。今年9回めを迎えます。

公開リハーサル

午前10時から10時半 公開リハーサル→無料

この時間は小さなお子様も大丈夫です。ぜひお越しください。

 

 

小坂哲也氏のプロフィール
エリザベト音楽大学卒業。ウィーン市立音楽院を最優秀で卒業(ディプロマ取得)。在学中、オーストリア国営放送(ORF)に出演。ブリュッセル王立音楽院に1年半在籍。EC大使公邸での演奏会をはじめ、数々の演奏会に出演。ユネスコ・チャリティコンサートでブカレスト・フィルと共演。トランシルヴァニア・フィルに招かれ、ルーマニアにて共演。広島大学大学院教育学研究科博士課程前期修了。東日本大震災チャリティCD『抒情組曲』をリリース。日本音楽療法学会認定音楽療法士、広島オーストリア協会運営委員。

 

 

 

 

今日は原爆の日

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 06:00

20190805_1676966.jpg

 

https://tadoku.org/japanese/book/4644/

江波にあるシュモーハウスを知っていますか。広島市平和資料館の付属施設です。

広島に住む子どもたちにはぜひ知ってほしいお話です。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    旬の花

    時刻


    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM